メリロートに存在する副作用の数々 | メリロートの効果って?むくみ・セルライトへの効果を検証!

メリロートに存在する副作用の数々

メリロートの副作用に関しては、存在するとしています。
しかし、これは、サプリメントなどを正常な摂取であれば起きないことで、過剰摂取、極端なダイエットとともに摂取した時に、副作用があるというものです。

メルロートは、むくみやダイエットに効くとされていますが、元はといえば利尿促進のためのサプリメントです。
そこで、過剰摂取になった場合、体内のミネラルバランスが乱れることにより、副作用にいたります。
これは血液の中のミネラル(カリウムやナトリウム)の増減が極端になってしまうことで、バランスを失います。
カリウムが豊富ですから、むくみも取れて、利尿作用も盛んになりますが、同時に倦怠感や脱力感がある場合は、メリロートの服用を中止することをおすすめします。

メリロートの成分のクマリンが、こういった利尿作用をもたらすのですが、海外では医薬品とし扱われていて、摂取量は厳しく制限されています。
日本では、サプリメント用としての服用だけですが、海外と比較をして、摂取基準が甘いとされています。
ということは、とりすぎによる副作用の危険性はとても高いことが予想されることから、必ず規定を守るようにしてください。
体内のミネラルバランスが崩れると肝機能障害を起こすことが多いとされています。
肝機能障害以外にも頭痛や吐き気といった症状が起こる方も少なくありません。
むくみ改善や防止にメリロートは良いですが、過剰摂取だけは厳禁です。